閉塞性無精子症(OA)の原因と治療法

閉塞性無精子症とは、精巣の中で精子はつくられているけれども、
精巣から体外へ出る道のどこかが閉塞していて、精子が体外へ出ることができない
状態のことを言います。

この閉塞無精子症は無精子症の全体の2割を占めています。
残りの8割は精管に詰まりがある「非閉塞性無精子症」というものです。

閉塞性無精子症を診断するには、精管に閉塞箇所が認められる
精巣の大きさは正常、そしてホルモン検査を行うと精子形成を促す
FSHの値も正常である場合です。

 

閉塞性無精子症の原因

精巣上体炎にかかると閉塞性無精子症になりやすいと言われています。
また、過去にヘルニア手術をした際に誤って精管を傷つけてしまった場合も
精管が閉塞してしまうこがあります。

また、避妊目的でのパイプカットを行ったも場合もこの閉塞性無精子症に該当します。

 

 

閉塞性無精子症の治療法

閉塞性無精子症は、精子の通り道が塞がっているだけで
精子をつくる機能自体は正常となります。

そのため、精子をつくる精巣や成熟した精子が溜まる精巣上体には多くの精子が
存在しているため、精巣や精巣上体から直接精子を採取する方法や
精路をつなげる手術をすることで妊娠も期待できます。

閉塞性無精子症の治療方法は3通りあります。

check14 ①TESE(精巣内精子採取術)

TESEとは、陰嚢を0.5~1cmほど切開し、精巣組織を採取して、その組織を
顕微鏡で見て、精子が存在するかどうかを調べる方法です。精子が見つかった場合、
その精子は体外受精や顕微授精で使うことができます。手術は局所麻酔で行い
手術時間も30分程度です。この方法を行うと約8割の男性に精子が見つかります。

 

check14 ②MESA(精巣上体精子吸引術)

精巣上体管に閉塞が認められる人は、精子を溜めておく精巣上体から
精子を回収していきます。この時に行われるのがMESAで、陰嚢を切開して
精巣上体管にカテーテルを挿入し、精子を吸引する方法です。

 

check14 ③精路再建手術

精路の通り具合を調べて、精管同士をつなぎ直すか、精巣上体管と精管粘膜を
つなぎ合わせて精路を再建させる方法です。この方法は自然妊娠を希望していて
さらに、女性に不妊原因がない場合の時などに検討される方法となります。

 

TESEやMESAでは、1個でも生きた精子を回収することができれば顕微授精を
行うことができますので、妊娠も十分に期待できます。精液検査で無精子症とわかっても、
子供をあきらめる必要はないんです。

閉塞性無精子症の治療法の中で、最も多く行われるはTESEになりますが、
どの治療法を行うかは男性や女性の現在の状態によって変わってきますので
医師とよく相談して決めていきましょう。

 

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ