精索静脈瘤の原因と治療法

精索静脈瘤とは精巣(睾丸)の静脈にお腹から血液が逆流して、
瘤(こぶ)状にふくれるものを言います。

男性器には精巣から腎臓へ向かう静脈の弁があるのですが
ここの機能不全が起こってしまうと、体内の血液循環が悪くなり
精巣周辺の血液がうっ血してしまうんです。

これにより精巣周辺にこぶのようなものができ、静脈瘤となります。

精索静脈瘤は左側に出来る場合が多く、両側にある場合でも左の方が
程度が強いことが多いため、左の精巣が小さくなって、左右で大きさが違うと
いうことで気がつき病院を受診する人もいます。

精索静脈瘤は不妊男性の約40%にみられるとされていて、不妊ではない
一般男性でも約15%の方に起こるもので、不妊男性の場合はかなり高い確率で
起こります。

精索静脈瘤が出来てしまうと、お腹から逆流した温かい血液が精巣(睾丸)の
温度を上昇させるので、そのせいで精子が死んでしまったり、運動率が
低下することがあるのですが、治療することで精液所見が改善する可能性があります。

 

 

精索上静脈瘤になる原因

静脈は全身をまわった血液が心臓に戻っていく血管なので内部の圧が低く、
もともと血液の逆流を起こしやすくなっています。

静脈のなかにはバルブ(弁)というものがあり、それが血液の逆流を防いで
いるのですが、その弁に異常があることにより血液が逆流してしまい精索静脈瘤が
できると考えられています。

 

 

精索静脈瘤の診断

精索静脈瘤と診断するには、視診、触診、そして超音波検査で行っていきます。
超音波では、精巣の静脈が太く拡張し、かたまりのようなものがある場合に
精索静脈瘤だと診断されます。

 

 

精索静脈瘤の治療法

精索静脈瘤の治療法は、軽度なものであれば血流の滞りを改善させる作用のある漢方薬や
ビタミン剤の投与を行っていきます。

重度の場合は手術となりますが、方法は2通りあります。
1つは「精巣静脈高位結紮術」と言って、うっ血を行っている静脈をお腹の中の
太いところでしばる手術です。

この方法は多くの病院で行われている最も一般的な方法で1~3日ほど
入院が必要となります。保険が適用され手術費用は5万~15万円ほどです。

もう1つは「顕微鏡下精索静脈低位結紮術」と言い、顕微鏡を使って
静脈を精巣の近くでしばる手術となります。

この方法は体への負担が少ない手術で、日帰りが可能です。
ただ、病院によって保険が適用されるところとされないところがあります。

この手術を受ければ、3~4ヶ月ほどで精液の状態が回復するため、自然妊娠も
可能となります。(他に不妊原因がない場合)

静脈を縛る方法以外にも、「経皮的静脈塞栓術」と言って静脈につめ物をして
血液の逆流を止める方法もありますが、この方法はあまり行われていないようです。

 

 

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ