HOS(ホス)テストについて

HOS(ホス)テストとは、精子の受精能力を調べる検査であり、顕微授精を
するときにすべての精子が動いていない場合、その中に生存している精子が
いないかどうかを調べていく検査になります。

精子が動いていなくても生存している可能性はありますので、その生存している精子を
見つける必要があるんです。

生存している精子であれば、浸透圧の低い液体(低張液)の中に入れることで
精子の尾部が膨張しますので、これにより生存しているかどうかを見分けていきます。

そして、この検査で生存している精子が見つかったら、すばやく浸透圧の
正常な液体(等張液)に入れ直し、尾部の形を元に戻してからその精子を
顕微授精で使うことができるというわけです。

採取した精子のうちほとんどの精子(75%以上の精子)が死んでしまっている状態を
「死滅精子症」と言い、生存しているのに動いていないだけなら「精子不動症」と言います

もしHOS(ホス)テストを行って精液中に生きている精子を見つけることが
できなかった場合でもまだ諦めないでください。

「死滅精子症」と診断され、HOS(ホス)テストで良い結果が出なかった場合は
精巣や精巣上体から生存している精子の回収する方法の精巣内精子採取術(TESE)
外科的精巣上体精子回収術(MESA)などで生存精子を見つけていきます。

しかし、それでも生存精子を見つけられなった場合は、夫の精子での
妊娠は難しくなります。

女性側に特に大きな不妊原因がない場合などは、非配偶者間人工授精(AID)
という方法もあります。

この方法は夫以外の男性ドナーの精子を使用する人工授精となり、
夫が無精子症の場合や夫の精子での授精が難しいと判断された場合の
最終手段として行われます。

AIDによって生まれた子は法的にもその夫婦の子供となりますが、
子供との遺伝的なつながりは妻だけになり、精神面などでもいろいろと問題も
出てくるでしょう。

もしHOS(ホス)テストや男性の精巣や精巣上体から直接精子を採取する方法を行っても
生存する精子がみつからなかった場合は、夫婦でよく話し合い、今後どうしていくのかを
決めていくといいと思います。

 

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ