尿中精子検査(逆行性射精検査)について

射精している感覚があるにも関わらず、精液の量が基準値よりも
非常に少ない場合や全く精液が出ていない場合は逆行性射精検査を
行っていきます。

逆行性射精とはどういうものかというと、射精時に閉じるはずの内尿道口が閉じずに
膀胱内に精液が逆流
してしまう状態のことを言います。

逆行性射精は2つのタイプに分かれ、精液の一部が逆流するタイプと
全ての精液が逆流してしまうタイプとがあります。

射精した感覚があるのに精液量が異常に少ない、または精液が出ないため
本人も比較的気づきやすい症状です。

この検査はマスターベーションを行い、射精の感覚があった後に
中間尿(最初と最後の尿を除いた真ん中の尿)を採り、尿中に精子が
混ざっていないかを調べていくものです。

尿中に多くの精子が混ざっていれば逆流性射精であると診断されます。

この症状は前立腺の手術歴や糖尿病が原因とも言われていますが
多くの場合は先天性によるものです。

検査により逆行性射精と診断された場合は自然妊娠することが難しいため
人工授精を選択されることがほとんどです。

 

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ