不妊原因の約半分は男性にあります

「不妊」というと女性に原因があると思っている人も多いのではないでしょうか?

最近では男性不妊も理解されてきつつありますが、少し前までは
「赤ちゃんができない=女性問題がある」と思われていて、結婚しても
なかなか赤ちゃんができないと、夫側の親などに嫌味を言われたりする人も
多かったようです。

実は、不妊は女性だけが原因とは限らず、男性も不妊の原因を抱えている
ケースがとても多くあります。

不妊原因

WHO(世界保健機構)の不妊症原因調査によると、男性のみに原因が
あるケース24%、女性のみ41%、男女とも24%、原因不明11%というデータが
報告されています。

なんと、男性にも不妊の原因がある割合は48%と約半数であることがわかりました。
このことから、最近では男性も不妊検査や不妊治療を積極的に行う方が増え
夫婦で協力し合って不妊を乗り越えるケースが多いようです。

 

男女それぞれの不妊原因とは?

では、一体どんなことが原因で不妊となってしまっているのでしょうか?
男女別にまとめてみました。

h27
  • 卵管障害
  • 排卵障害
  • 頸管障害
  • 卵巣機能不全
  • 子宮筋腫や子宮の奇形
  • 内分泌ホルモン異常
  • 子宮内膜症
  • その他
 

h26
  • 勃起障害
  • 精索静脈瘤
  • 無精子症
  • 精路閉塞
  • 射精障害
  • 性腺発育不全
  • 染色体異常
  • 原因不明
  • その他
 

男女とも様々な不妊原因があることがわかりますね。
また、不妊原因は1つだけとは限らず、複数の原因が起こっていることもあります。

そして夫婦どちらかではなく、夫婦二人それぞれに不妊原因がある場合も
あります。

不妊原因は複数見つかれば、それだけ治療も複雑になってきますので
少しでも早く検査を行って、不妊原因が見つかったのならすぐにでも
治療を開始することをおすすめします。

 

 

男性と女性の不妊治療への考えの違い

最近では男性にも不妊治療を理解されつつあるものの、やはり中には不妊治療に
抵抗を感じている方もまだまだ多いです。

どちらかと言うと、男性よりも女性の方が「赤ちゃんが欲しい」という気持ちが
大きい傾向があります。

その一方で、男性は「子供ができないのであれば夫婦二人の生活でもいい」と
思っている方が多いようです。

子供をつくる、つくらないは今後の人生に大きく変わってきますので
夫婦で気持ちが違っているのであれば、二人でよく話し合って、
今後どうしていくかを決めていくことが必要です。

そして話し合った結果、不妊治療を始めることを決めたのであれば、旦那様の
協力が不可欠となりますので、夫婦二人で協力し合って不妊を乗り越えていきましょう。

 

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ