男性不妊症セルフチェック

男性の場合、日常の生活習慣が影響して、不妊を招いている可能性も
十分にあります。

例えば、ストレスが溜まっていたり、喫煙、多量の飲酒などを行っていませんか?
そのような習慣も精子に影響を及ぼしてくるんです。

なかなか妊娠できないのは、もしかしたら何か原因があるのかもしれませんので
男性不妊症セルフチェックをして、身体からの危険なサインを見逃さないように
することです。

 

check14 射精に関する状態をチェック

  • 朝、勃起しない
  • なかなか射精できない
  • 挿入してもすぐに射精してしまう
  • 射精しても絶頂感が薄い
  • 性交時に十分に勃起しない
このように夫婦生活に現れる問題のことを「性機能障害」と言います。
男性不妊の中ではこの性機能障害が原因である方が少なくありません。
これらの問題の多くの原因は「精神的なもの」になります。
ストレスを抱えていたり、仕事が忙しかったり、または過去の性行為で
失敗した経験はありませんか?

 

check14 精液・精子の状態をチェック
  • 精液の色が濃い黄色
  • 精液の色が赤みがかっている
  • 睾丸が小さい
  • 睾丸を手に持つと軽い
  • 睾丸や陰嚢に違和感を感じる
正常な精液の色は白色か黄白色です。もし濃い黄色だったり、赤みがかっていたら
要注意です。そのような場合は前立腺や精嚢に炎症が起こっている可能性が
ありますので病院を受診しましょう。

また、睾丸の様子がおかしい場合も不妊原因になる可能性がありますので
早めの受診をすることです。

 

check14 過去の病歴チェック
  • 成人してからおたふく風邪で高熱を出したことがある
  • 成人してから高熱を出したことがある
  • クラミジア感染症などの性病にかかったことがある
  • 過去にヘルニア・尿道・精巣の手術をしたことがある
  • 糖尿病・高血圧症である
過去に起こった病気や手術などが不妊の原因となってケースも多くあります。
クラミジア感染症などの性病にかかると、男性の場合は自覚症状がない場合が
多いため、気づかずに放置してしまうことも多く、造精機能に障害を起こしたり
精管が詰まってしまう原因にも繋がります。

また、ヘルニアや尿道の手術を過去に行ったことがある場合、精管が
詰まってしまうことがあります。

 

check14 生活習慣をチェック
  • 肥満である
  • 喫煙している
  • 多量にお酒を飲む習慣がある
  • 疲労やストレスが溜まっている
  • 外食が多い
日頃の生活習慣が生殖能力にも影響を与えているんです。
男性の肥満は、精子の運動率の低下や精子数の減少を引き起こすことが
わかっています。

喫煙は精子の質の低下や形態異常につながるとも言われていて、
多量の飲酒は性欲を減退させてしまいます。

赤ちゃんを望むのであれば、生活習慣を改善していくことが大切です。

 

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ